Welocome to Poet Nobuko Kimura's Page

詩人・木村信子の特異な輝きをもつ"やさしくこわい歌"──。
木村信子の現代詩・少年少女の詩・エッセイ等作品の発表・紹介をしております。

Nobuko Kimura
Who was born in 1936, has created a unique poetic world solidly anchored in both dream and reality. As she once put it, for her “a dream is not just a set of images but an actual experience.” In her signature pieces the sense of absurdity reminiscent of Ionesco achieves a strong sense of realism and rationality.

 

 

最近の作品


帰郷/たいざんぼく/こぼれる音/もう帰れないのに空家/引きずっていく/天使

 

      

    でていった


りゅうの なみだで
かみ あらい

やぎの なみだで
かお あらい

おにの なみだで
あし あらい

おやの なみだで
めし たいて

じぶんの なみだは
ためた まま

みんなに おくられて
でていった
でていった―木村信子詩集 (ジュニア・ポエム双書)  

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2015 Nobuko Kimura All Rights